ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ZARD FOREVER

管理人 リバプール

ZARD BBS


ZARD以外のコーナー

プログレを語ろう!
「プログレを語ろう!」は、近日中に閉鎖予定です。仕事で記事を書く時間がないのが主な理由です。最近は年のせいか、ハードロックより、フォークやシンガーソングライター系を聞くようになりました。学生のときによく聞いていた、メジャー洋楽アーティスト(ブルース・スプリングスティーン、デイビッド・ボウイ、ジャーニーなど)も、懐かしい思いで聞き返しています。また、機会があれば、違った形で再開したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2018/05/27(日) 19:00:00|

彼女の歌は、せせらぎとなってやってくる

時間がある日は、小川のせせらぎを聞きに行く。

傍らには、小さなデジタルプレーヤー。

そのスピーカーから、いつも彼女の歌がながれる。

今日は『きっと忘れない』

あれから10年も経つのに、

彼女の歌声は、透明な水のよう。

人知れずひっそりと、

どこまでも流れる水のよう。

「きっと」という言葉には意思がある。

どこまでも続く意思がある。

それはまさに彼女そのものだ。

彼女の人生そのものだ。

だから僕らの声を届けよう。

「きっと忘れない」

彼女ほど強くはないかもしれないけれど、

「きっと忘れない」

  1. 2017/05/27(土) 23:59:59|

無題

最近少し考えることがあります。それは

「坂井さんが今もし生きていたら、どんな詞を書くのかな?」

今世界は大きく変化しようとしています。

人の心も、変化しようとしています。

坂井さんはその変化に目もくれず、普遍的な何かを見続けるでしょうか。

変わっていく中で、「変わらないもの」、「変わらない言葉」を探し続けるでしょうか。

もう望むべくもないですが、坂井さんは今、どんな詞を紡ぎだすのか。

知りたい思いで一杯です。

  1. 2017/01/28(土) 01:00:56|

坂井さんが綴った世界

ライブやCD、DVDと、今年はZARDで始まりZARDで終わる、といった一年でした。

とはいえ、僕はBSのライブ映像を見るだけで、その輪の中に入れずじまいで終わった気がしますが、新しい情報に疎い自分には、それくらいが丁度いいのかな、なんて思います。今となっては……。

今年のライブの映像を見て思ったことは、

「坂井さんは、いつまでも変わらない」

ということ。いつまでも“あの時のまま”であり、いつも“あの時代”を運んでくれる。

「いつまでも変わらない」

それはまるで、ZARDの詞の世界を地で行くかのようだ。

年をとれば、何かを得る代わりに何かを失っていくような気がするが、せめて僕も、変わらないもの、「少年」のような気持ちを何か一つでも持っていたいと思う。

彼女が綴った世界と同じように。
  1. 2016/12/31(土) 17:32:52|

卓球女子団体戦銅メダルおめでとう!

卓球女子団体戦銅メダル。よく頑張りました。

個人戦準々決勝までの福原愛選手は、まさに神懸かったような勝ちっぷりで、個人戦でメダル取れる! と思ったが惜しくもメダルを逃す。

残るは女子団体。

勝負強い石川佳純選手と、勢いのある伊藤美誠選手は全く心配無かったが、心配だったのは愛ちゃん(笑)。

団体戦準決勝からは、気持ちが入り過ぎていたのか、重要なところで競り負けることが多く、どうしても勝ちきれない。でも3位決定戦でのダブルスでは接戦をものにし、完全に勝利の流れをつかんだ。

愛ちゃんの『苦しいオリンピックでした』という言葉に涙が溢れる。勝った試合と同じくらい「負けまくって」勝ちとった団体での銅メダル。

「卓球3人娘」の最後まで諦めない姿にとても感動しました。

それにしても、監督そっちのけで伊藤美誠選手にアドバイスを送る愛ちゃんには、いたく感動。

もうこうなったら、この勢いを受け繋いで、男子団体では金メダル! 是非とも強敵中国に勝って欲しい。
  1. 2016/08/18(木) 00:55:59|

矜持

舛添都知事が逃げるように都庁を去った。

真実を語らず最後まで国民を愚弄する都知事。

これ以上疑惑を解明しようとしない弱腰の都議会。

明らかに虚偽記載の疑いがあるのに動こうとしない正義のかけらもない東京地検。

これから選挙権が18歳以上に広がる。

これを“大人の事情”というのなら、子供たちにどのように説明するのか。

次の参議院選挙は、政治資金規正法を争点にしなければならない。

経済だろうが、福祉だろうが、安保だろうが、政治に信頼がなければ全て砂上の楼閣である。

政治が信頼されなければ、いくら体裁を整えても国家は滅びる。

国民の目は甘くはない。
  1. 2016/06/21(火) 00:34:11|

年に一度の『君とのふれあい』

今日は5月27日。
今日聴きたくなったZARDの歌は

『少女の頃に戻ったみたいに』
『かけがえのないもの』
『君とのふれあい』

奇しくも大野愛果さん作曲のバラードばかり。
こんなに美しいメロディーを次々と創り出せるなんて
大野さん天才だな。

「そんなに簡単ではないのでゴザル・・・」

って怒られそうだけど(笑)

ライブに行きたかったな・・・

と思っていると、7/17(日)に今回のライブを
WOWOWで放送するらしい。

これはうれしい!

僕みたいに行けなかった人はたくさんいる!
当日は部屋暗くして会場に行った雰囲気で見よう。
  1. 2016/05/27(金) 23:55:24|

「ZARD 25th Anniversary 25時間生放送特番」視聴

先日、ニコニコ生放送の「ZARD 25th Anniversary 25時間生放送特番」を見た。いろいろためになる話も多く、非常に面白い。浅岡雄也さんの歌も良かったな。思わず高い芋焼酎(と言っても3000円位の鹿児島産の無濾過のヤツ)を持ち出してじっくりと見てしまった。視聴者のコメントも面白く、

司会の音楽制作ディレクター寺尾広さんが進行している時に
「井上公造に似てる」
ゲストで寺尾さんとトークを交わしていたチャンカワイさんが、再びカラオケで出てきた時に
「またお前か!」
そしてZARDの歌を歌い終わって汗だくになっている時に
「ポカリはよ」
その他
「寺尾さんに放送大学で授業してほしい」
「僕は人生のルーレット廻すので精一杯です」
「心開かれるの遅いじゃん」
「じゃパネットのcmみたいだ」
「井上公造率が高くなる…」(これは寺尾広さんのつぶやき…)

一人でテレビを見て大笑いすることは滅多にないが、今回の番組は泣き笑いの大爆笑でした。

ところで、チケットが取れず、「ZARD 25周年記念ライブ」は断念。ネット上での取引など、何とかしようと思えば出来るのかもしれないけどね。

もうこうなったら WOWOW や CS で同日生放送やって欲しい。ほら、今からでも間に合うから。ZARDチームならできる! やってやれないことはない!

それがダメなら全国ツアーを。是非、仙台・盛岡・青森で(勝手な都合)。できれば仕事が休みな日曜日に(ピンポント…)

PS 最近、テレビで井上公造さんが出てると,ZARD特番の司会やっていたように思えてなりまセン…
  1. 2016/05/17(火) 00:52:35|

もっと遅ればせながら ZARD ライブ開催

ZARDのライブ『What a beautiful memory ~25th Anniversary~』が開催される。

そこで、オフィシャル HP に行ってみると、特設ページの『Message』にとても感動。以下、その本文。

(本文初め)
 デビュー25周年
 ZARDと、もう一度出逢う。

 あなたがZARDと出逢ったのはいつですか?
 音楽番組を観ていて。ラジオから流れてきて。
 CDショップで聴いて。友だちに勧められて。
 雑誌を読んでいて。お母さんが聴いていて。
 大好きなアニメの放送で。音楽の授業で歌って。
 その出逢い方は様々。
 出逢ってから毎日のように聴いている人。
 時々聴きたくなるんだ、という人。
 曲を耳にするとつい口ずさんじゃうんだよね、という人。
 「負けないで」は歌えるよ、という人。
 その関わり方も様々です。
 けれど、間違いなくZARDの楽曲と出逢い、好きでいてくれるあなたへ。
 ZARDのデビュー25周年となる2016年、
 改めてZARD/坂井泉水が遺した作品に触れてみてください。
 ZARDと、もう一度出逢う…
 初めてZARDと出逢ったあの時を思い出しながら。
(本文終わり)


自分が好きなのは

>「負けないで」は歌えるよ、という人。

という一文。何か、ZARDらしいっていうか、坂井さんらしい、っていうか、何でもない表現の中に深い”Message”が感じられるところは、脈々と精神が受け継がれているのかな。

ただ…


チケットが取れないね…(苦笑)

何はともあれ、もうやらないと思っていたZARDのライブが開催されることはうれしいね。
  1. 2016/03/31(木) 22:32:41|

遅ればせながら、なでしこ、そしてカーリング。

なでしこジャパン、残念ながらリオデジャネイロオリンピック出場は逃しました。

オリンピックで活躍するなでしこの姿を見たかったので今だに残念な思いですが、ベトナム、北朝鮮戦のラスト2戦で勝利。北朝鮮戦終了後、守護神、山根選手の涙が一番印象に残りましたが、それは勝ったことによる喜びの涙ではなく、負けなかったことによる安心の涙、プレッシャーから解放されホッとしたことによる安堵の涙だったのだろう。

まだこれからオリンピック予選もはじまるので、次へ向けて頑張ってほしい。

そして今日のカーリング、チームLS北見。最終ランド2点をとって優勝する可能性があり「行ける!」と思いましたが、終盤にミスを連続。もっとも、相手の猛烈なプレッシャーの中、しかも優勝するかどうかの緊迫した場面でもあったので、少し力が入ってしまったのかな。

それでも堂々の銀メダル。数々のスパープレイと笑顔、そして涙に感動させてもらいました。

この悔しさは来年の世界選手権、そしてオリンピックで晴らして欲しいと思う。
  1. 2016/03/29(火) 00:15:01|

世界陸上

世界陸上が終盤に差し掛かり、連日盛り上がりを見せている。

ただ、個人的に残念なのはアメリカチーム。あのカール・ルイス以来、アメリカの陸上短距離のファンではあるが、今回は振るわない。年々弱くなっているように思えるが、今日の男女ハードルの決勝でアメリカ短距離界は完全崩壊。もうアメリカチームには期待しない。明日以降の男女4つのリレーも全てジャマイカに持って行かれるね。

代わりに期待したいのは、100m銀メダルのオランダのダフネ・シパース選手。今日の女子200mはジャマイカ勢を押しのけての金メダル。後半に後ろの方から何人も追い越して行く勝ち方が、往年のカール・ルイスのようで凄かった(世界陸上東京大会100mでのカール・ルイスを思い出した)。

見た目もカッコよくて美しい。ジョイナーの世界記録を塗り替えるのは彼女かもしれない。来年のオリンピックは彼女に期待。



  1. 2015/08/29(土) 00:43:20|
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。