ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一粒の涙は大河となって

~一粒の涙は大河となって~

覚えているかい
あの日の涙を

今でもそうかい
孤独の涙を

一粒の涙
それは はかない涙
途中で消える涙
あなたに届かない涙

けど 沢山集まれば
それはせせらぎとなる

もっと集まれば それは川となり
さらに集まれば それは大河となる

大河となった涙は 強大な流れとなって
あなたのすむ星まで流れる

そして その流れは
暗闇の荒野を肥沃にする

やがて 花が咲き 鳥が鳴き
まぶしい光に包まれる

人々が集まり
穏やかな世界が訪れる

陽の光を受け
きらきらと輝く
美しい水の流れ

そのほとりに
あなたの姿

手で水をすくい
耳を近づける

あなたに聴こえていますか
あなたに届いていますか

ずっと言えなかったけど
今 ようやく言えるよ

「ありがとう」

この一粒の言葉を伝えて欲しい

あの星に届く
大河の流れとなって
スポンサーサイト
  1. 2007/08/30(木) 21:19:00|

「美しき瞬間」

「美しき瞬間」

掲示板に投稿して頂いている方の言葉。

3年前のZARDのライブ「what a beautiful moment」の「beautiful moment」が「美しき瞬間」だということは、最初から知っていた、と思う・・・。

言葉というものは、それが何でもない言葉であっても、それが印象に残らなかった言葉だったとしても、あるタイミングで、ある文脈の中でその言葉を聞くと、何か特別な意味に聴こえることがある。

「美しき瞬間」という言葉が、まさにそうであった。3年前のライブを経験した人たちにとって、それは本当に「美しき瞬間」だったのだと思う。そして、もうすぐやってくるライブも、「美しき瞬間」なのであろう。

坂井さんが、遠い星から天使となって舞い戻ってくる。だからこそ、それは、星空のように光り輝く、一生忘れられない「美しき瞬間」になるのであろう。
  1. 2007/08/29(水) 23:07:00|

『悲しいほど貴女が好き』

『悲しいほど貴女が好き』

アルバム『Brezza di mare』からの一曲。

僕にとってはZARDの新曲である。


あー 歌詞が・・・ メロディーが・・・


やっぱり、坂井さんは天才だと思った。

そして、作曲の大野愛果さんも、編曲の葉山たけしさんも、
みんな天才だと思った。
  1. 2007/08/28(火) 22:10:00|

”あの日”のこと

あまり書きたくはないのだが、勇気を振り絞って書こう。


私はあの日、食事の後、何気にテレビをつけた。たまたまつけたチャンネルが「おもいッきりテレビ」。つけた瞬間、司会のみのもんたさんが

「今日は驚くニュースが2つも入ってきました」(記憶が曖昧ですが・・・)

私は、何か嫌な予感がして、すぐパソコンを起動してネットにつないだ。見ると、2つの記事が目に飛び込んだ。一つは「松岡農水大臣・・・」。そして、もう一つは「坂井泉水さん転落・・・」。

まず、上にあった松岡農水大臣の記事を読んだ。

そうか・・・。

そして、もう一つの記事。けど私はふと思った。

「いや、転落して、怪我をしただけなのであろう。大丈夫。大丈夫。」

そして、記事のタイトルをよく見てみると

「坂井泉水さん転落死」

「転落」までは理解できるのだが、「死」という言葉が理解できない。それから、真実を知るために、いろいろなサイトやテレビを放浪した。やがて少しずつ、「転落」と「転落死」の言葉の意味の違いを、はっきりと認識するようになった・・・。


何年ぶりだろう。久しぶりの坂井さんとの出会いだった。


それ以来、私は自分の青春に帰っている。まるで、あの頃の時代に戻ったかのように。

仕事のこと、趣味のこと、生活のこと、故郷のこと・・・、何も考えられなかった暗黒の日々から、少しずつ、現実の世界を取り戻しつつある・・・。
  1. 2007/08/26(日) 16:04:00|

確実なものを・・・

大阪の追加公演が決まった。

もちろん、多くの人がライブに接することが出来るので、それはそれでいいことなのだが…。

でも結局は抽選です。


私たちファン主催で何か出来ないだろうか?

不確実なものではなく、確実な”何か”を、本気で考えたくなりました。
  1. 2007/08/24(金) 23:15:00|
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。