ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ZARD追悼ライブレポート28

衝撃だった『こんなにそばに居るのに』。

坂井さんの声が、本当に「そばに居る」ように聴こえた。

そして次は。

そう、あの歌へ。


♪きっと忘れない 眩しいまなざしを
  信じたい 信じてる
  あなたが変わらぬように♪


なんでだろう。

坂井さんの「きっと忘れない」は、普通の「きっと忘れない」とは何か違う。

普通の「きっと忘れない」が、とても大きな「きっと忘れない」に感じる。



なんとか耐えた(涙を…)

『My Baby Grant ~ぬくもりが欲しくて~』でもなんとか耐えた。

この『きっと忘れない』も何とか耐えた(よくヤッタ!)。

この辺りから“ガマン比べ”のようになってきた。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 23:08:00|

ZARD追悼ライブレポート27

「Summer night」

突然坂井さんの歌声 ♪Summer night♪ と共に、この詞が画面に!

猛烈な音の嵐の中、突然の安らぎ、安堵感。まるで世界が一転したよう。

「Summer night」とう言葉、物凄くカッコいい!

何でもない言葉だけど、それが坂井さんの歌声に乗ると…。

一瞬の興奮。まさにマジック!
  1. 2008/01/30(水) 00:40:00|

『この涙 星になれ』の攻略法?

この歌は、多分、センテンスだけで勝負しているのだと思う。

ストーリーでもテーマでもなく、とにかくセンテンス。

どのセンテンスがあなたの琴線に引っかかるか。

どのセンテンスがあなたのこころに残るか。

ふれられるか、弾かれるか。

さぁ、1対1の勝負!

♪窓の外が
  白くなる瞬間が好き
  絶望と希望の狭間で…
  1. 2008/01/29(火) 00:41:00|

無題

今日1月27日は、『負けないで』の発売日、そして坂井さんの月命日にあたります(先ほど教えられました)。

坂井さんは幸せだったのだと思います。いやそう思いたいです。

自分の夢を達成できないで終わる人も多い中、彼女は自分の夢を達成できた。

みんなで彼女の歌を聴き、共有し、心の糧にしてきた。そしてそれは、これからも永遠に続くことだろう。

彼女は幸せだったのだと思いたい。

だから私は、残念ではなく、つらいではなく、よくがんばったねと彼女に伝えたい。

あなたの人生は、最高の人生だったと彼女に伝えたい。
  1. 2008/01/27(日) 00:49:00|

ZARD追悼ライブレポート26

そのまま中村由利さんがコーラスに加わり、『サヨナラは今もこの胸に居ます』、『もう少し あと少し』と定番の歌が続いた。

そして次は『こんなにそばに居るのに』でのメンバー紹介。

ZARDの中で、最もハードな歌だと思う。だからメンバー紹介もとてもワイルド。

坂井さんのボーカル・パートをギターが歌っている。物凄いテクニック。ビブラートを効かせ、坂井さんのボーカル・パートを見事に再現している。

そして、それぞれの楽器が順番にソロ・パートをつなぎながら、次々とメンバー紹介が進んで行く。

体が動く。リズムを刻む。私の中では、最も“音楽そのもの”に集中できた時間だった。いい意味で涙が吹き飛んだ。

コーラス・パートの紹介では、なんとそのままストレートに坂井さんのボーカル・パートを歌った! 見事だ。途中から入っても見事に音程を外さない(当たり前だろ!)。

考えてみれば、ボーカル(コーラス)は“声”が楽器である。ちょっとビックリしたが、最高の演出だった。

最高だ。まさにロックだ。キング・オブ・ハード・ロックだ。

そしてその時、その酔いしれる音の攻撃の中を、突然に、それはあまりにも突然に天使の声が切り裂いた。
  1. 2008/01/26(土) 01:37:00|
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。