ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メッセージ

勇気を忘れていないか。

自分らしくあるか。

中途半端になっていないか。

心に未来を抱いているか。

来年も(来年こそ?)中途半端はやめてガンバロウ。

ZARDの歌のメッセージ。

 
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 23:53:51|

『カナリア』に逢いたい季節になりました。

WEZARDのファンクラブサイトに行ってきた。

「あっ、クリスマスだったんだ」と改めて思った(笑)

坂井さんのコメントも聴けた。

いつも思うことは、坂井さんにとっては、歌うことも話すことも同じだったのかな、ということ。

今日は胸がいっぱい。

何を書けばいいのか分からないまま、とうとうクリスマスが終わってしまった…(笑)
  1. 2009/12/26(土) 00:00:59|

『ノスタルジア』と『nostalgia』と『遠い日のNostalgia』(2/3)

Every Little Thing の『nostalgia』を初めて聴いた時は、それほど“ノスタルジア”を感じなかった。それは“過去”ではなく“今”を感じたからだ。

けど、何度もこの歌を聴いていると、徐々に曲色は淡く変化し、時計は遅れ、いや戻り、そのことに気付いた瞬間、背筋が凍るほどの震えを感じる自分がいた。

“今”から“過去へ、そして”“過去”から“今”へと透き通る道筋がこの歌に見える。

なんで歌詞の中に「ノスタルジア」という言葉を入れなかったのだろう、と素人ながら不思議に思ったりもしたんだけど、うーん、浅はかでした…。
  1. 2009/12/13(日) 21:43:56|

『ノスタルジア』と『nostalgia』と『遠い日のNostalgia』(1/3)

“ノスタルジア”という言葉は、それだけで個性(言葉のもつイメージとでも言おうか…)を強く感じるだけに、その言葉のもつ色彩に世界は大きく誘導させる。それだけに、この言葉を歌のタイトルに使うのは非常に勇気のいることだと思う。

「いきものがかり」の『ノスタルジア』は、その“ノスタルジア”という言葉に正面から向き合い、しかも自然体で受け止めている。ぶつかりあってない。“別れ”の歌ではあるけれど、“ノスタルジア”とはケンカしてない(笑)。

それにしても、♪ノスタルジア♪ の入るタイミングがいいね。とてもいい歌です。

続く(…当てはないけど)
  1. 2009/12/02(水) 22:21:15|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。