ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラストメッセージ6

先週、WEZARDから最後の会報が届いた。

ページをめくると、バンドメンバーの集合写真。

“ふむふむ、スタンド席に、私も辛うじて写っているな”

後でじっくり読もうと、パラパラとページをめくる。最後のページに坂井さんのメッセージ? “ん? なんか雰囲気違うな? ”って思ったら

「Signed By Daikou Nagata」

“おー、オッス”

カードセットも手に取り、またもフライング気味にパラパラとカードをめくる。裏にメッセージが書いているようだ。早速、坂井さんのカードをめくると、“ん? これも雰囲気違うな?”って思ったら、またまた

「Daikou Nagata」

“うおっ、おぉっっっ…、うっ ウオッス!”

いつもとの違いに

“本当に最後の会報なんだな”

って思う。

やっぱ最後ってつらいよね。


WEZARDが「年会費制」から「無料メール配信登録制」へと移行する理由が記されてありました。

納得です。

ZARDを聴き始めた人にとってはちょっと敷居が高いかもしれない「年会費制」より、気軽なこの形態の方が“次の世代”へと聴き継がれて行くと思います。

“ネット世代の若人よ、どんどんWEZARDに登録しよう!”

そんな時、スピーカーから『hero』が流れた。

“うおーーー!”

と叫びたい衝動を抑え、今日もZARDを思いながら眠りにつく、何だか情緒不安定なリバプールでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/12(火) 00:20:02|

ラストメッセージ5

そして『眠れない夜を抱いて』、『IN MY ARMS TONIGHT』、『あの微笑みを忘れないで』と歌は続いた。

『眠れない夜を抱いて』は、追悼ライブでは演じられなかった歌。この歌の夢遊感のある歌詞が好きで、今この場でこの歌を聴けるのはとても嬉しい。2番のみの演奏だったけど、追悼ライブでの嬉しい初披露だ。

『IN MY ARMS TONIGHT』はミディアムテンポの、重厚なハードロック。スケールの大きいマイナー調のメロディーの上に、坂井さんの哀愁のある詞(ことば)がのる。歌詞の面で、その後のZARDの歌によく出て来るような表現が多く見られ、興味深い。

そしてZARDを、坂井さんを象徴する代表曲『あの微笑みを忘れないで』。

♪孤独な時間抱きしめて
 人は大人になるから♪

自分の好きな詞が聴けて良かった。

今、この3曲の歌詞を改めて読んでみると、この歌を含めこの頃のZARDの歌は、都会(東京?)との関わりが多いように思われる。

♪ざわめく都市(まち)の景色が止まる♪
『眠れない夜を抱いて』

♪季節も街も 流れてく♪
『IN MY ARMS TONIGHT』

♪都会がくれた ポーカーface
 海に捨ててしまおう♪
『あの微笑みを忘れないで』

地方から東京という大都会に移り住むと、ふと感じる心の隙間。坂井さんはこの瞬間を、コーヒーフレーバーのようにあちこちにまぶしているようだ。
  1. 2011/07/04(月) 23:06:01|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。