ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寄稿

ZARDギャラリーが5月一杯で終わる。行くとすれば明日しかないのだが、残念ながら行けないことになりました。

本音を言えば、仕事なんかほったらかして、坂井さんの足跡を辿りに行きたい! ZARDの歌がどのようにして生まれたのか探究しに行きたい! なんて思うのだが、そうもいかないね。



明日で5年が経つ。

あっという間の様な気もするけど、坂井さんが永眠する前のZARDの活動期間のほぼ3分の1。そう考えると、5年という月日はとても重い。

この5年間、一段でも階段を上れた? 夢を少しでも実現できた? 

坂井さんから問いかけられているような気がする。



明日からまた新しい1年が始まる。

どんな1年になるのか全くわからないけど、

ZARDの歌と共に、

一つ一つ、ゆっくりでも、自分の道を歩んで行こうと思う。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/26(土) 23:51:22|

ラストメッセージ11

そして3人目のゲスト徳永暁人さんが登場された。徳永さんはゲストというより、もはや居なくてはならない存在。今までの追悼ライブでの徳永さんは、寡黙で神妙な面持ちだったように思う。でも今回のスピーチは明るい感じで言葉が伸びる。「あれっ」と思ったが、なるほど、次の歌は「風が通り抜ける街へ」。“風が通り抜ける街”へと誘うスピーチだから、そういう雰囲気作りだったのね…。

その後は「今日はゆっくり話そう」、そして「永遠」。ZARD LIVE での徳永さんと言えば、やはり「永遠」。心の底から張り上げる徳永さんと坂井さんのコーラスは毎回楽しみにしている。”永遠”に届くかのような声のパワーに、毎回毎回鳥肌が立つわけよ。
  1. 2012/05/22(火) 01:15:37|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。