ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ZARD追悼ライブレポート26

そのまま中村由利さんがコーラスに加わり、『サヨナラは今もこの胸に居ます』、『もう少し あと少し』と定番の歌が続いた。

そして次は『こんなにそばに居るのに』でのメンバー紹介。

ZARDの中で、最もハードな歌だと思う。だからメンバー紹介もとてもワイルド。

坂井さんのボーカル・パートをギターが歌っている。物凄いテクニック。ビブラートを効かせ、坂井さんのボーカル・パートを見事に再現している。

そして、それぞれの楽器が順番にソロ・パートをつなぎながら、次々とメンバー紹介が進んで行く。

体が動く。リズムを刻む。私の中では、最も“音楽そのもの”に集中できた時間だった。いい意味で涙が吹き飛んだ。

コーラス・パートの紹介では、なんとそのままストレートに坂井さんのボーカル・パートを歌った! 見事だ。途中から入っても見事に音程を外さない(当たり前だろ!)。

考えてみれば、ボーカル(コーラス)は“声”が楽器である。ちょっとビックリしたが、最高の演出だった。

最高だ。まさにロックだ。キング・オブ・ハード・ロックだ。

そしてその時、その酔いしれる音の攻撃の中を、突然に、それはあまりにも突然に天使の声が切り裂いた。
  1. 2008/01/26(土) 01:37:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。