ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『この愛に泳ぎ疲れても Boy』 の 「モノトーン」

今振り返ってみると、『この愛に泳ぎ疲れても Boy』までのシングルジャケットは単色系が多いね。

『もう探さない』、『揺れる想い』はブルー系。他の曲はブラウン系といえばいいだろうか。セピア調の暖かい色を基調にしている。

ZARDといえば、澄んだ“青”のイメージが強いが、こうやって改めて見てみると、ブラウン系の色も多いんだね。

その中でも『この愛に泳ぎ疲れても Boy』の色使いに最近魅せられてきた。歌はハード・ロックなんだけど、ジャケットはかなり落ち着いたセピア色。

特に裏ジャケットの色使いはいい。映画のような構図。これを拡大したポスターはないだろうか。

「眩しさ」あふれるZARDならぬ、「モノトーン」としてのZARD。

…、ZARDは奥深い…。
  1. 2007/11/08(木) 23:28:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。