ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『揺れる想い』

シングル『揺れる想い』のジャケット。坂井さんの好きな青色で染まっています。けど明るく前向きな曲であるのに、坂井さんの表情は少しうつむき加減で、やや下の方を見つめています。

坂井さんは一体何を見つめているのでしょうか。

「いくつ淋しい季節が来ても
 ときめき 抱きしめていたい in my dream」(『揺れる想い』)

「淋しい季節」…。

一見明るく、「青く澄んだあの空のような」何の曇りもなさそうな世界観に、坂井さんは「淋しい」という“逆方向の言葉”をあえて使ったのかもしれません。この「淋しい」という言葉は、夢や希望で一杯の主人公の心の奥の、もう一つの側面をさりげなく言い表しているのでしょうか。

幸せの中にある一抹の不安。けど、出会った時の「ときめき」を「抱きしめて」行くことによって、その「淋しさ」は必ず乗り越えることができる。

「淋しい」という言葉をあえて使うことによって、逆に“未来へ向けての強い意志”を私は感じます。

坂井さんが何を見つめているのか。

少しわかってきたような気がします。
  1. 2007/10/28(日) 00:51:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。