ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『もう探さない』

「強く生きることも ああ 少し臆病になる」

2ndシングル『不思議ね・・・』では、過去に「縛られない」で前向きに生きようとする女性の心境を歌っていましたが、次の3rdシングル『もう探さない』では、なかかな気持ちの切り替えが出来ない、「臆病」な女性の心境を歌っています。

この点では、1stシングル『Good-bye My Loneliness』と同じ心境なのでしょうか。『Good-bye My Loneliness』では少女の「臆病」さ、『もう探さない』では、もう少し大人になった女性の「臆病」さを表現しているように思います。

ここで、坂井さんの歌詞から「街」、「都会」という表現を抜粋してみましょう。

「煙る都会」
「霞む都会」
(『Good-bye My Loneliness』)

「流れてゆく街並」
(『不思議ね・・・』)

「灰色の都会(まち)」
(『もう探さない』)

その時、坂井さんの目には、大都会“東京”の街並がどのように見えていたのでしょうか。これらの歌の主人公たちと同じように、淋しげな光景に見えていたのでしょうか。
  1. 2007/10/02(火) 23:23:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。