ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

迷えるみなさんへ

とある記事で「ZARDのファンは内向的な人が多い」という一節があった。

確かにそうかもしれないね(大体、自分だって、このような(公開?)日記を書いているなんて、内向的以外の何者でもないだろう)。

繊細で、傷つきやすく、孤独で、淋しがりや。

だからといって、真に孤独を愛するのではなく、人と接し、人とふれあい、人といることを好む。

人と逢い、そして傷つき、それでも人を求め、彷徨い歩く。

どうもネット社会のあちこちで、傷つき、悲しみ、人を求めて彷徨っているZARDファンが多く見受けられる。


でもね

そのような繊細な心をもっているからこそ、私たちはZARDの良さに気付いたのではないだろうか。

悲しい歌詞と、さわやかなメロディーが共存する二面性。
癒しの声と、ハードな演奏が平行する同時性。

繊細な心を持っているからこそ、このようなZARDの奥深さを知ることが出来るのではないだろうか。


    顔を合わせて話さなければ伝わらないことがある。

けど

    顔を合わせて話すと伝わらないこともある。


言葉だけで自分の想いを伝えなければならないネット社会。

強がっている普段の生活から一寸離れ、勇気を出して自分の“弱さ”を表現しようではないか。

今あなたが見ている、この“言葉”だけの世界の中で。
  1. 2007/08/22(水) 16:07:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。