ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇跡の歌 『マイ フレンド』

『マイ フレンド』の誕生は、まさに奇跡を見るようだ。織田さんの作曲、坂井さんの作詞と歌声、そして、どんどん盛り上がっていく演奏とアレンジ、すべてが最高のレベルで調和している。針さえ差し込む余地のない、ものすごい完成度だ。

「走り続けて…」

彼女はここでも「走る」という言葉を使っている。彼女の“頑張ること”の精神は、「走る」という言葉に象徴されているのだろう。

でも、今聞くと、この『マイ フレンド』はなぜか物悲しい。明るく前向きな曲調とは裏腹に、坂井さんが今この世にはいないという現実とのギャップが私の心を締め付ける。特に、エンディングで消えるように伸びていく、憂いを帯びたシンセの音色。当時、そんな風に思ったことは一度もなかったのに…。

奇跡の歌『マイ フレンド』。

この歌は、勇気、悲しみ…、いろいろなものを背負っている。
  1. 2007/07/26(木) 00:22:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。