ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『あなたを感じていたい』から…(前編)

とある町の恋人同士。二人の愛は永遠に続くと思われた。しかし彼女は、彼の態度が少しずつ冷たくなっていくのを感じていた。

彼が東京に引っ越すことになった。しかも、クリスマス・イブの日に。その日は二人で居ようと言っていたのに…

彼が上京するイブ。今日の彼は妙にやさしい。けど、その不自然なやさしさが、“もう逢えないかも“という気にさせてしまう。

誰もいない駅のホーム。彼の乗った最終列車は動き始める。初めて別々に過ごす冬。彼女は手を振った。彼との思い出も遠くに行ってしまうようだった。

「あなたを感じていたい たとえ遠く 離れていても」

この思い、止めないで。けど、先のことは誰もわからない。彼女は心の中で願う。約束はしなかったけど、「変わらないふたりでいようね」と。

(『あなたを感じていたい』から、いたるところ引用)
  1. 2007/07/22(日) 18:04:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。