ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「揺れる思い」

ZARDの4枚目のアルバム。まさに不滅の金字塔。全曲シングルにしてもいいような素晴らしい出来具合。どこを切っても印象に残る、キラキラした美メロの金太郎飴状態。200万枚以上売れたのがよくわかる。ZARD初期の代表作と言っていいだろう。

なんといっても曲の配列が素晴らしい。いきなり「揺れる思い」からスタート、いきなり心を鷲づかみ、気分はもうトップまで一気に加速。そのままの勢いで走り続け、6曲目(LPでいうB面の1曲目みたいな位置付け?)でいよいよ「負けないで」。中ほどに「負けないで」を持ってくるところが何ともニクイ。アルバムの途中で、再び気持ちがマックスまで高ぶるのだ。

8曲目「you and me (and…)」で最初のバラード。それまでの、あまりに高ぶり過ぎた感情をほぐしてくれる。9曲目「I wan you」のハードロックで最後の力を振り絞った後、至極のバラード「二人の夏」で幕を閉じる。楽しかった旅から、仲間と別れ、一人家路に就く気分。

ここまで素晴らしいアルバムを作り出したのは、坂井さん一人の力ではないのだろう。作曲家、アレンジャー、プレイヤーなど、いわば坂井プロジェクトとも言うべき、優れた才能が結集したからこそ、このような、珠玉の作品が生まれたのだろう。
  1. 2007/07/04(水) 23:18:00|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。