ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「捨てる」のルーツ(後編)

♪こだわってた周囲(まわり)を すべて捨てて
 今 あなたに決めたの♪

この「捨てて」という表現が気になった。

僕は♪こだわってた周囲(まわり)を♪「捨てた」ことも「捨てられた」ことも無いので(汗…)、この「捨てる」という感覚がわからない。今の時代、共働きも増え、男性の家事や育児も当たり前になり、更には夫婦別姓さえも叫ばれている中、何も「捨てる」必要はないように思えるからだ。

そんな時、ある歌の詞にふと耳がいった。

♪命かけて 燃えた
 恋が結ばれる
 何もかも 捨てた花嫁
 夜汽車にのって♪
「花嫁」(唄 はしだのりひことクライマックス 作詞 北山修 作曲 端田宣彦/坂庭省悟)

もしかしたら、この「捨てる」という行為は、日本古来から受け継がれているものなのだろうか。

でも「捨てる」ことに妙に“切なさ”を感じるのね。確信は無いけど。
  1. 2010/08/08(日) 20:42:19|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。