ZARD FOREVER

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラストメッセージ9

最初のゲストは,坂井さん生前のライブ“What a beautiful moment tour”でギタリストとして参加されていた綿貫正顕さん。ZARDの音楽に深く関わって来たア―ティストなのに、今まですっと“moment”ライブに参加されておらず、“大人の事情があるのかな”なんて思っていたので、今回の登場には驚いた。

DVDでしか拝見したことが無く、見た目の印象もちょっとコワい印象もあったのだが、いざコメントが始まると、お茶目な印象に急に様変わり。“晴れ男”の話もあり、心の中で「坂井さんも晴れ女ね」なんてツッコミつつ、楽しい雰囲気のコメント、というかトークが続いた。

演奏は自ら作曲し、またギタリストとしてレコ―ディングに参加された『GOOD DAY』。CD音源に極めて忠実な演奏で、長いギターソロでは最後まで集中が途切れることなく、指運が美しく唸った。

「やっぱりプロだな」

と感動。そうそうラストの『負けないで』では、フライングV(V字ギター、とかいうやつね)で再び登場。ベーシストの徳永暁人さんに近づいてユニゾン、ハードロッカーばりのポーズを決める。

「うーん、綿貫さんって生粋のギター小僧だな」

次のライブ(きっとあるさ)では『MIND GAMES』や『Brand New Love』なども聴きたいね。バリバリのフライングVでね。
  1. 2011/10/04(火) 00:13:26|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。