ZARD FOREVER

 

『もっと近くで君の横顔見ていたい』の陰影

とても陰影のある歌詞。

一方向的な歌詞ではなく、言葉を乗せた弓が多方向から飛んでくる。

複雑な心の機微を、静かな旋律に乗せて淡々と表現しているよう。

なんとなく『season』の歌詞と比べてみた。

♪ポプラの並木をくすぐる
  風は春色きらめいているね♪
(『Season』)

♪コンクリートの壁 枯葉散る夕暮れ二人歩こうよ♪
(『もっと近くで君の横顔見ていたい』)

メロディーも、歌い方も、歌の雰囲気も全然違うけど、こんな歌詞、坂井さんしか書けないね。
  1. 2008/02/25(月) 23:28:00|